ナノエッグオンラインショップ トップ > お知らせ > 『ナノエッグ チャリティ・バザール』の収益を全額寄付しました。

お知らせ

『ナノエッグ チャリティ・バザール』の収益を全額寄付しました。

2018/1/26

『ナノエッグ チャリティ・バザール』の収益を全額寄付しました。

 株式会社ナノエッグ(本社:東京都港区/研究所:神奈川県川崎市/代表取締役社長 山口葉子)は、九州北部豪雨災害への支援として、『ナノエッグ チャリティ・バザール』の収益を日本赤十字社を通じ、義援金として全額寄付いたしました。

 『ナノエッグ チャリティ・バザール』は、当社製品の販売から得た収益を、災害や事故などで 生活が困難な状況に見舞われている方のために寄付する活動です。2017年8月19日(土)から2017年12月27日(水)まで開催した第1回『ナノエッグ チャリティ・バザール』では、当社のアウトレット品(旧製品)を含む全15品を販売。この活動に多くの方からのご賛同をいただき、売上金額は2,393,796円となりました。

 本取り組みへのご支援ご協力を賜り、誠にありがとうございました。

【第1回『ナノエッグ チャリティ・バザール』寄付報告】
 ■実施内容:チャリティ・バザール対象商品の販売による収益全額を、日本赤十字社を通じ、
       2017年7月5日からの九州北部豪雨災害義援金として寄付
 ■実施期間:2017年8月19日(土)~2017年12月27日(水)
 ■対象商品:アウトレット品(旧製品)含む、全9品目15品
 ■売上金額:2,393,796円
 ■寄付内容:収益金全額

  • チャリティマーク

    【シンボルマークについて】
    万物を創造するタマゴ。それは、皮膚科学の領域において柔軟な発想で高度な技術を生みだす、ナノエッグのコーポレートアイデンティティのモチーフです。『ナノエッグ チャリティ・バザール』のシンボルマークでは、そのタマゴの内側にハートを包みこんでいます。そこには、当社の技術や製品を通じて、社会や生活者の方々とさらに関わりを深め、皆さまのお役に立ちたいという願いと、当社のCSR活動への真摯な想いが込められています。

 当社は「医療」や「健康」を事業の柱とする企業として、2016年より独立・中立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体「国境なき医師団」へも毎年売上げの一部を寄付しております。
 医薬品の研究開発ならびに化粧品の開発・販売を通じ、日本全国にお客さまを持つ企業として、人々の健康とQOLの向上に貢献すると共に、今後も、当社が社会に対して出来ることを真剣に考え、本業に沿ったCSR活動を継続してまいります。


ナノエッグ  チャリティ・バザール

このページのトップへ戻る