ナノエッグオンラインショップ トップ >BEAUTY TALK > ギャラリー&フルーツパーラー オーナー

vol.14  201412  
フルーツの持つパワーを
たくさんのかたにお伝えしたいと思っています。ギャラリー&フルーツパーラー オーナー 松本睦美さん

品ぞろえは、味もルックスも最上級

東京駅から、新幹線ひかりに乗って約1時間半。到着したのは、鰻で(最近では餃子でも?)有名な浜松市。人口80万を有し、平成19年には全国で16番目の政令指定都市に認定されています。にぎやかな駅前から、車で10分ほどのところにある瀟洒なレンガ造りの建物が、ギャラリー&フルーツパーラー「トレ・ピーニ」。今回、ご登場いただく松本睦美さんのお店です。

「ようこそ、おいでくださいました」。柔らかい声音とあふれるような笑顔で出迎えてくださった松本さん。すらりとしたご様子は、とても26歳のご長男を頭に、3人のお子様がおいでになるとは思えません……。早速、「トレ・ピーニ」という可愛い店名の由来を伺ったところ、「トレ(TRE)」はイタリア語で「3」を、「ピーニ(PINI)」は「松」を意味するのだそうです。
「3つの松は、1つめは浜松の松。2つめは、お店の近くにある、根上がり松という有名な松、そして3つめは、私の姓である松本の松なんです。浜松のこの地で、根上がり松のようにしっかり根付きますように、繁栄しますようにという願いを込めて、名付けました」とのこと。

芳醇なフルーツの香りが満ちる店内は、1階がフルーツショップ、中2階がフルーツパーラー、そして3階は、真っ白な壁に鮮やかな絵画が映えるギャラリーになっています。パーラーでは、ショップで販売しているフルーツをふんだんに使ったパフェやタルト、フレッシュジュースなど、見ているだけでもシアワセになるメニューがいっぱい! それにしてもフルーツがどれもみずみずしく、輝くようなハリがあることに驚きます。
「味はもちろん大切ですが、フルーツは見た目も大切ですよね。仕入れは主人の担当ですが、とにかく最上級のよいものを、新鮮なうちに、と、愛情込めて揃えています」と松本さん。

(左上)シックなレンガ造りが印象的な「トレ・ピーニ」の外観
(右上)1階のショップには新鮮なフルーツがずらり
(左下)フルーツパーラーでは、パスタやリゾットのメニューも
(右下)フルーツ満載のケーキはテイクアウトも可能。

見て楽しく、食べて美味しいフルーツのパワー

松本さんは神奈川県川崎生まれ。小学校から短大まで武蔵小杉で過ごした後、学生時代に知り合ったご主人と結婚して、浜松に。ご主人の実家が果物屋さんを経営していたことから、子育てをしながらお店を手伝うようになったのだそうです。

「当時はもっと駅の近くにお店があって、そこのお手伝いをしてました。でもね、果物屋さんて、お花屋さんほど華やかではないでしょ。ちょっと地味というか(笑)。ご贈答もいわゆるかご盛りばかりで……。フルーツって形や色も可愛いし、食べるだけではなくて、もっと見せ方を工夫するとか、楽しみ方があるんじゃないかな、って、ずっと思ってましたね」

その後、いろいろな事情があって、7年前に現在のお店を開くことになった時、松本さんは長年温めていた思いを形にしていきます。まずはフルーツを販売するだけでなく、実際食べてもらえるようにと、フルーツパーラーを併設。そして、お客様にパーティや個展の会場に使っていただけるよう、ギャラリーを設けます。こうして、お店として多面的な展開を図ると共に、運搬時に傷がついてお店に出せなくなったフルーツを使って、ジャムやソースを作ったり、従来のかご盛りに加えて、フルーツバスケットを考案したり、松本さんのアイディアはどんどん広がります。
「甘いものが苦手な人や、アレルギーなどで小麦が食べられない方のために、フルーツだけでバスケットはどうかなと思って。フルーツって、お花に負けない華やかさを持っているし、観て楽しんだ後、食べて楽しんでいただけて、1つでダブルの楽しさがあるんですね」

現在はご主人と二人で、お店を切り盛りしている松本さんですが、近い将来、東京のフルーツ専門店で修業中という息子さんが跡を継がれるのだそうです。また一人、心強い味方を迎えて、松本さんのフルーツに対する愛情は、ますますパワーアップするばかり。その笑顔は、新鮮なフルーツに負けないほどのみずみずしさにあふれていました。

(左上)大好きなブラジリエの絵がかかるギャラリー
(右上)中心部が赤いレインボーキウイ
(左下)フルーツのデザインは、用途に合わせて松本さんが考案
(右下)ゆくゆくは東京にもお店を出してみたいと松本さん

【編集後記】

目移りしてしまって、選ぶのが困るほどの「トレ・ピーニ」のフルーツメニューの中、松本さんの一押しは「トレ・ピーニパフェ」。季節によって使うフルーツが変わるそうですが、必ず10種類以上使うのがポイントだとか。今回はいちご・梨・りんご・バナナ・パイナップル・マンゴー・パパイヤ・キウイ・オレンジ・巨峰・グレープフルーツ・マスクメロンの12種類! フルーツだけでなく、クリームやソースもすべて「トレ・ピーニ」オリジナルだそう。これを目当てに、自動車で1時間かけて来店するお客様もおいでになるというのも、納得です。

ギャラリー&フルーツパーラー「トレ・ピーニ」
http://www.wr-salt.com/matsumoto/shop.html

取材:「BEAUTY TALK」編集部
撮影:長谷川 朗

<< vol.13 | TOP | Vol.15>>

さまざまなジャンルで多彩に活躍する女性たちが登場。
その仕事ぶりや日常生活の様子、ご本人の想いを通じて、美や健康そして人生のヒントをたっぷりとお届けします。