TOP > はじめての方へ >コンセプト

コンセプト

  • 先端医薬開発から生まれたベンチャー事業

    株式会社ナノエッグは2006年4月に設立。医科大学発ベンチャーとして、先端医薬開発の研究を進めています。

    聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター先端医薬開発部門DDS研究室の研究テーマの1つである「皮膚再生のためのレチノイン酸ナノ粒子」が2003年9月に科学技術振興機構(JST)のプレベンチャー事業に採択されました。
    その制度をもとに2006年4月に株式会社ナノエッグが設立されました。

    マリアンナ画像
  • 医薬開発を化粧品に

    共同研究の中で「ナノエッグ」という極小ナノカプセル化技術が生まれました。その研究過程で、「ナノキューブ」という特殊技術により開発されたジェルが生み出されました。「ナノキューブ」は、角質層まで浸透し、ヒアルロン酸やコラーゲンを自ら産生する事で、内側から素肌を整えます。この2つの技術を化粧品として広めることはできないかという考えからスキンケア事業を始めました。

    ナノキューブ画像
  • 「真の健康と美しさ」を目指し、さらなる新商品を

    まず、この「ナノキューブ(整肌成分)」を配合し、みずみずしくなめらかな使用感の乳液「スタンダードナノキューブエマルション」を2007 年7月に発売しました。
    その後も、新しい技術開発と研究に努め、2008年3月には、「ブライトニングライン」を発売。
    「豊麗」を2010年12月に発売しました。単に化粧品の開発を行うのではなく、スキンケアサイエンスに基づいた研究開発が、皆様の信頼と継続的なご利用につながっているものと感じています。

    マリアンナ化粧品画像

このページのトップへ戻る